CHISA実践型人材養成システム(新入社員研修)

 

実践型人材養成システムとは、現場の中核となる実践的な技能を備えた職業人を育成するため、

  (1)企業が主体となり

  (2)新規学校卒業者を主たる対象として

  (3)「教育訓練機関における自社ユーズに即した学習(OFF-JT 3ヶ月)」と「自らの企業における雇用関係の下での実習

     (OJT 3ヶ月)とを組みわせて行う新たな実践型の教育システムです。

 

当協会は、厚生労働省のIT人材育成地域モデル事業の実施団体として選ばれ、平成19年に研修システムを作り、平成20年4月に

本システムを実際にスタートさせました。

実行委員会は現在でも研修内容の見直しを行い、より良いシステムへの改善を進めています。  

 

 


                                                                                                                                                                                                                              

2020年度は、15社63名にご参加いただきました。

 

※2020年度はコロナウイルス感染拡大による影響でOFF-JTは約1ヶ月間中断しましたが、

 OFF-JTの実施につき、厚生労働省に認めていただきリモートで乗り切ることができました。

 その後企業に配属され、感染症対策を取りながら順調にOJTに取り組んでおります。

 

 

集合研修では、以下3つを目的としてバランスの良い人材を育成。

(1)社会人・企業人のマナーを身に着ける【人間力】
(2)業務遂行に必要な知識の基礎の習得【業務遂行能力】
(3)IT企業社員に必要な基礎技術の習得【技術力】

 

 

ダウンロード
実践型人材養成システム.pdf
PDFファイル 50.5 MB

2019年度(2020年度はリモート形式での実施のため2019年度の写真となります)

【開講式・授業風景・発表会】